Liffie

女優の生き様に何を思うか 人にフォーカスする女性目線のWebマガジン

二階堂ふみの事務所がオーディションに強い理由とは!? 柳葉敏郎との共演で本音がチラリ!

2017/11/25

shutterstock_294354872

演技力の高さに定評のある二階堂ふみさん。

2012年の映画「ヒミズ」でブレイクを果たしますが、主演が決まったのはオーディションでした。二階堂さんの事務所は、こういったオーディションを勝ち取ることも多いようですよ。どういった育成をしているのか、気になりますね。

また、最近バラエティーにも挑戦し始めた二階堂さんが、柳葉敏郎さんと共演した際に本音が出たと話題になっています。

注目の若手女優の、演技やテレビへの思いに迫ります!

二階堂ふみの所属事務所がアツい!

二階堂さんはソニー・ミュージックアーティスツ(SMA)に所属しています。同じ事務所には朝ドラ「まれ」の土屋太鳳さん、映画「寄生獣」の橋本愛さんなど、若手演技派女優がたくさん在籍しています。

事務所に入ったきっかけは?

そんな事務所に二階堂さんが入ったのは、スカウトからでした。

沖縄出身の二階堂さんは「沖縄美少女図鑑」でグラビアが掲載され、それがマネージャーの目に留まり、わざわざ沖縄まで駆け付けたマネージャーによってスカウトされたそうです。

写真だけで沖縄まで足を運ぶほどの価値を見出したSMAのマネージャーさんの眼力はすさまじいですよね。

なぜ演技派女優が育つの?

とはいえ、SMAはもともと音楽系プロダクションなので、本格的に女優育成に乗り出したのはほんの10年前からなんです。育て方や売り出し方もそれぞれのマネージャーに任されていて、事務所の方針というものは特に設けていないそう。

にもかかわらず、勢いのある若手女優を次々と生み出すのには、音楽事務所だからこその強みがありました。それは、「作品」志向であることです。演技のテクニックより脚本のおもしろみを重視するということですね。

確かにクリエイティブな意識は音楽でも演技でもとても重要ですよね。自分をどう活かすか、ではなく自分を通して作品をどう魅せるかという意識が事務所全体にあって、その空気を感じながら育つから、芯の通った女優が生まれるのかもしれません。

二階堂さんも、「役に入り込むというよりは、役に自分の身体を貸す、という感覚」と話していて、あくまで作品が主体だということを常に意識しているようですよ。まだ若いのに、自分のスタンスをしっかり持っていて行動できるって、ホントすごいですよね。

オーディションでブレイク!

事務所に恵まれた二階堂さんは、園子温監督の映画「ヒミズ」のオーディションで見事主演を勝ち取ります。園監督は若手俳優を見出すことにとても長けていて、吉高由里子さん、満島ひかりさんなど、これまでもたくさんの実力派女優をブレイクさせてきました。

無名の若手俳優を自分の作品で育て上げるというこだわりを持った園監督の目に留まることができた二階堂さんは、当然のようにこの映画でヴェネツィア国際映画祭の最優秀新人賞を受賞します。これをきっかけに難しい役をどんどんこなし、今では役者として欠かせない存在となりました。

二階堂さんは幼い頃から漠然と、でも絶対に「映画に出る」という思いを抱えていたそうなので、本人としては当然の結果だったのかもしれませんね。

柳葉敏郎が本音を引き出した?

映画女優としての地位を確立した二階堂さんは、今度はバラエティーにも挑戦します。日本テレビ系「ぐるぐるナインティナイン」の「グルメチキンレース ゴチになります!」という人気コーナーでレギュラーを務めることになったんですね。

1月2日の放送で新メンバーとして満を持して登場した二階堂さんは、「ゴチ」史上最年少メンバーにもかかわらず、最初のレースを見事1位で通過しました。若いとはいえ女優さんだからやっぱり普段から相当いいものを食べていて舌が肥えているのか、ビギナーズラックというやつなのか、今後のレースで明らかになると思うと楽しみですね。

ゴチメンバーには先輩俳優の柳葉敏郎さんがいて、予想外のキャスティングに思わず「なんで引き受けた?」と聞く場面もありました。確かに、テレビの前のみんなが同じことを思いましたよね。

「え?二階堂ふみがレギュラー?全然イメージない!」って私もびっくりしました。これに対して二階堂さんは「知名度を広めたい」と即答し、爆笑を誘いました。彼女の本音を引き出した柳葉さん、good job!です。

演技派女優さんなので、ストイックでお堅い考えの人かと勝手に想像していましたが、正直でおちゃめな部分が見えて印象が良かったですよね。まだまだ表情の硬い場面が多かったですが、これからは素の部分もたくさん見せてほしいなと思います。

まとめ

  • 二階堂ふみの事務所は作品志向だから演技派女優が育つ
  • 園子温監督の映画のオーディションを勝ち取り、女優の地位を確立
  • バラエティーで共演した柳葉敏郎から本音を引き出された

ちょっと影のある役が多いイメージの二階堂さんなので、バラエティーでは明るい笑顔もたくさん見たいですね。色んな経験をして、演技により磨きをかけていってほしいなと思います。

以上、「二階堂ふみの事務所がオーディションに強い理由とは!?柳葉敏郎との共演で本音がチラリ!」でした。

-Live, 才能に生きる
-,